仮想通貨の格付けとは

仮想通貨の格付けとは、格付け会社による仮想通貨の信用状態に関する評価結果を元に等級(A+やB-など)をつけたランクです。米国の独立系格付け会社Weiss Ratingsが仮想通貨の格付けを2018年1月24日にいくつかの通貨について発表し詳細情報は有料で提供されている。無料で発表された簡易情報では、Bitcoin (C+)、Ethereum (B)、Novacoin (D)、SaluS (D)、Steem (B-)となっている。

“仮想通貨の格付け” の続きを読む

ガラ(ナイアガラ)とは

ガラとは、価格の急落のことをいいます。ナイアガラを語源とし、チャートがナイアガラの滝を連想させることからこの呼名が使われています。

仮想通貨の時価総額とは

仮想通貨の時価総額とは、発行通貨量と価格の掛け算で表すことができます。各仮想通貨の時価総額はコインマーケットキャップのサイトで確認できるようになっており、ビットコインの時価総額は2017年12月17時点で$323,895,184,777(35兆円)となっている。

“仮想通貨の時価総額” の続きを読む

ガチホとは

ガチホとは、ガチでホールドしている様を略したものです。強く保有し続けることです。

“ガチホ” の続きを読む

価値のインターネット(Internet of Value)とは

価値のインターネット(Internet of Value, IoV)とは、インターネットで情報を送るのと同じくらい素早く簡単に価値を交換することです。情報は世界中を瞬時に移動しますが、ある国から別の国への支払いには時間と費用がかかり、信頼性も低い状況です。価値のインターネット(IoV)では、これまで人々がテキストや画像、ビデオなどをオンラインで共有してきたように、外貨の支払いなどの価値のある取引を即座に交換します。お金だけではなく、IoVでは株式、投票、搭乗で獲得するマイルなどのポイント、証券、知的財産、音楽などを含む、価値のある資産の交換を可能にします。IoVを実現するための技術基盤としてブロックチェーン技術が期待されています。

仮想通貨交換業とは

仮想通貨交換業とは、仮想通貨の売買を行う仮想通貨取引所のことで、金融庁が2017年4月施行した改正資金決済法により事業者の登録が必須となっている。現在金融庁が審査・登録、及び登録後の監視を行っている。

“仮想通貨交換業” の続きを読む