セルフGOXとは

セルフGOX(セルフゴックス)とは、送金ミスなどの自身の過失によって仮想通貨を失ってしまうことです。2014年2月のハッキングによるビットコイン盗難が原因で破綻に至ったマウントゴックス社の名前が語源となっています。

“セルフGOX” の続きを読む

ゼロ知識証明(Zero-Knowledge Proof)とは

ゼロ知識証明(Zero-Knowledge Proof)とは、秘密情報(パスワードなど)を所持している人がその秘密情報をもって本人であることを他の人に示す際に、秘密情報自体は誰にも開示しなくてよい認証方式です。

セリクラ(セリング・クライマックス)とは

セリクラ(セリングクライマックス)とは、セリング(売り)のクライマックス(ヤマ場)ということで値動きのトレンドの大底を指します。相場の大きな調整局面で出来高を伴うことが多いのが特徴です。

SegWit2xとは

2017年11月16日に予定されているSegWit2xでは、ビットコインがハードフォークすることによって、ブロック容量が従来の1MBから2倍(2x) の2MBになります。これにより、SegWit2xを適用したブロックは取引処理速度が改善することが見込まれています。ただ、このハードフォークについては、開発コミュニティーの中でも支持派と反対派がおり、現在のビットコインがビットコイン(BTC)とビットコインSegWit2x(B2X)に分裂してしまうことになる可能性が出てきており、今後の展開に注目されていたが、11月9日にSegwit2xに中止が発表され一旦分裂が回避されることとなった。

SegWit(Segregated Witness)とは

SegWit(Segregated Witness)とは、ブロックチェーンのブロックの中の取引情報から署名情報を分離することにより、ブロックに含まれる情報を圧縮しブロック内の情報量を増やすことができるようになり取引処理効率を高め、ビットコインのスケーラビリティの問題を改善する取り組みです。ビットコインは2017年8月24日にSegWit対応が完了しました。