IYRKとは

IYRKとは、I(いくで)Y(やるで)R(リップル)K(買い増しや)という仮想通貨投資家の100億円PLAYERさんの2017年に流行した口ぐせの頭文字を取ったものです。

“IYRK” の続きを読む

IFO(Initial Fork Offering)とは

IFO(Initial Fork Offering)とは、ハードフォークを利用したICO(Initial Coin Offering)である。ICOブームのピークが2017年初秋で落ち着いた後、新たな仮想通貨発行の手段としてハードフォークを利用して自身の通貨を発行する手法が盛り上がってきており、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンド、スーパービットコインなどIFOによって新たな仮想通貨が続々と生まれている。ICOで資金調達する代わりに、IFOではプレマインなどによって資金を捻出することがある。IFOで発行される通貨はフォークコインと呼ばれることもある。

価値のインターネット(Internet of Value)とは

価値のインターネット(Internet of Value, IoV)とは、インターネットで情報を送るのと同じくらい素早く簡単に価値を交換することです。情報は世界中を瞬時に移動しますが、ある国から別の国への支払いには時間と費用がかかり、信頼性も低い状況です。価値のインターネット(IoV)では、これまで人々がテキストや画像、ビデオなどをオンラインで共有してきたように、外貨の支払いなどの価値のある取引を即座に交換します。お金だけではなく、IoVでは株式、投票、搭乗で獲得するマイルなどのポイント、証券、知的財産、音楽などを含む、価値のある資産の交換を可能にします。IoVを実現するための技術基盤としてブロックチェーン技術が期待されています。

ICO(Initial Coin Offering)とは

ICO(Initial Coin Offering)とは証券取引所での IPO(Initial Public Offering: 新規株式公開)と似た仮想通貨経済圏の仕組みで、IPOが証券取引所に新規株式公開するのと違い、ICOは企業などの組織のプロジェクトが自らの仮想通貨(暗号通貨)を発行し通貨が仮想通貨の取引所に上場されることで資金提供者から資金調達を行うことである。最近ではスキャムコインが乱発しており、各国で規制の対象になってきている。

“ICO(Initial Coin Offering)” の続きを読む