Pump(パンプ)とは

ある仮想通貨を煽ることで価格を一時的につり上げることです。そのつり上がった価格で売り抜けて利益を得ることをDump(ダンプ)といいます。 通常パンプさせた後にダンプが行われるため、セットにしてその方法をパンプアンドダンプと呼んでいます。時価総額の大きな通貨では価格吊り上げが難しいため、時価総額の小さな単価の安い草コインで時々起きることがあります。

Paccoin (PAC)とは

Paccoin (PAC)とは、これまで長らくアップデートのない終わったプロジェクトと見られていましたが、開発陣が2018年3月1日にPacCoin2.0に生まれ変わることを発表し人気化しています。PacCoin2.0では、機能改善と共に現在のPacCoinの3兆枚を超える発行枚数を1000対1の30億枚に減らすことが発表され注目されている。発行枚数も多くボラティリティが非常に高いため、取引には注意が必要である。

“Paccoin (PAC)” の続きを読む

Propy (PRO)とは

Propy (PRO)とは、不動産取引をブロックチェーンで実現するプラットフォームを提供する企業です。2017年8月に独自通貨PROのトークンセールを行い、現在は海外の取引所のLiquiで購入することができる。不動産取引の国境を越えた支払いや書類作成をブロックチェーン技術で支援し、安全かつ即時にPROで取引を行える仕組みを提供開始しています。2017年11月にXRP建てのヘッジファンドを設立したマイケルアリントンがアドバイザーとしてPropyに参加していることでも期待されている。

“Propy (PRO)” の続きを読む

ピザ・デー(Pizza Day)とは

ピザ・デー(Pizza Day)とは、2010年5月22日に初めて2枚のピザとビットコインが交換された日として記念の日となっている。当時の交換レートは、2枚のピザに対して1万BTCが支払われた。それに則り、毎年5月22日はピザを食べで祝う日となっている。

プレマイン(プレマイニング)とは

プレマイン(プレマイニング)とは、開発者が新規発行する仮想通貨をリリースする前に特定の数の仮想通貨を自身に割り当てることです。これは、新規発行する仮想通貨のコア機能の開発などの費用や報酬に充てるために行われることがよくあります。開発者が公平な方法で暗号通貨をリリースしない方法とみなされることも多く、批判の対象となることが多い手法です。

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組み、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じた合意の仕組みであるのに対して、プルーフ・オブ・インポータンスは重要度(Inportance)が高い人が報酬を得られる仕組みとなっています。重要度はネットワーク上の取引数や頻度、保有数などでブロックの承認を行う仕組みとなっています。

“プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組みであるのに対し、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じて、ブロックの承認を行う仕組みとなっています。電力コストなどの問題も生じず、プルーフ・オブ・ワークよりも効率的な仕組みとして期待されています。

“プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは、ビットコインなどで使われている仕組みで、取引の合意形成を可能にするハッシュ関数を利用したコンセンサス(合意)アルゴリズムです。ネットワーク上で行われた全ての取引履歴を保持するブロックチェーンはネットワーク内で合意しながら運用されており、次に繋げるブロックをネットワーク参加者からの提案で決めています。その際の新しいブロックの提案が有効であると承認されるには参加者のコンピューターによる大量の計算(ワーク)が必要となり、それを証明(プルーフ)する仕組みがプルーフオブワークと呼ばれています。取引履歴を改ざんしようとする者がいた場合も、その個人がネットワーク全体に対して計算量で上回る必要があるため、不正が困難な仕組みとなっています。また最近ではコンピューターのリソースを大量に必要とするため、電気代などのコストが大きくなる点が問題視されています。

“プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)” の続きを読む