トークンとは

トークンとは、基本的には仮想通貨の異なる呼び方でもありました。開発者グループによって仮想通貨が発行され、誰かがそれを購入しトレードできれば、それは仮想通貨と呼ばれたりトークンと呼ばれることがあります。しかし、最近ではトークンは独自のブロックチェーンシステムではなく他のブロックチェーンシステムから作られた仮想通貨のことを指すことが増えてきました。そのため、ビットコインやイーサリアム、リップル、ネムなどの仮想通貨は独自のブロックチェーンシステムを持っているため仮想通貨と呼ばれますが、ICOの際に、既存のブロックチェーンシステムを利用して仮想通貨を発行する場合、その通貨はトークンと呼ばれることが増えてきています。

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら