プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは、ビットコインなどで使われている仕組みで、取引の合意形成を可能にするハッシュ関数を利用したコンセンサス(合意)アルゴリズムです。ネットワーク上で行われた全ての取引履歴を保持するブロックチェーンはネットワーク内で合意しながら運用されており、次に繋げるブロックをネットワーク参加者からの提案で決めています。その際の新しいブロックの提案が有効であると承認されるには参加者のコンピューターによる大量の計算(ワーク)が必要となり、それを証明(プルーフ)する仕組みがプルーフオブワークと呼ばれています。取引履歴を改ざんしようとする者がいた場合も、その個人がネットワーク全体に対して計算量で上回る必要があるため、不正が困難な仕組みとなっています。また最近ではコンピューターのリソースを大量に必要とするため、電気代などのコストが大きくなる点が問題視されています。

その他のコンセンサスアルゴリズム

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら