リプレイ攻撃(リプレイアタック)とは

リプレイ攻撃(リプレイアタック)とは、ハードフォークによって誕生した新たなブロックチェーンはこれまでのものと同じ秘密鍵を持つため、悪意のある攻撃者が一方のブロックチェーン上で行われた取引の詳細を他方のチェーンに送信(再利用)することで、一方の通貨を送信した際に他方の通貨まで意図せず送信されてしまう状況を引き起こす攻撃です。

過去の事例

ビットコインがハードフォークでビットコインキャッシュが生まれた際には、ビットコインキャッシュがリプレイ攻撃対策として、取引がどちらのブロックチェーンのものか識別できる仕組みを導入していたため問題が起きることはありませんでした。

今後のハードフォーク

ビットコインのハードフォークは、2017年10年25日のビットコインゴールド、2017年11月のビットコイン2Xなどが予定されており、新たに分裂によって誕生する通貨がどのような対策を取っているのか、注視していく必要があります。

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら