仮想通貨の格付けとは

仮想通貨の格付けとは、格付け会社による仮想通貨の信用状態に関する評価結果を元に等級(A+やB-など)をつけたランクです。米国の独立系格付け会社Weiss Ratingsが仮想通貨の格付けを2018年1月24日にいくつかの通貨について発表し詳細情報は有料で提供されている。無料で発表された簡易情報では、Bitcoin (C+)、Ethereum (B)、Novacoin (D)、SaluS (D)、Steem (B-)となっている。

関連リンク

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら