NEM Blockchain Explorerとは

NEM Blockchain Explorerとは、NEM(XEM)を送金した時に取引所から通知のあったトランザクションID(txid)で送金の状態を調べることができるサイトです。NEMの取引の状況をはじめブロック生成時間やブロック数などのNEMのブロックチェーン情報が確認できる機能を提供している。NEMの送金トラブルにあった際はまずトランザクションIDで検索し取引状況を確認した上で取引所へ問い合わせるとスムースにやり取りすることができる。

“NEM Blockchain Explorer” の続きを読む

MUFGコインとは

MUFGコインとは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が2018年度中の提供開始を目標に開発する仮想通貨です。MUFGが取引所も開設予定で、1MUFGコイン=約1円に価格を安定させる予定であることが特徴です。Tether(テザー)のような使われ方が期待されるが、他の取引所へ上場するかは全くの未定となっており、今後の情報公開が待たれている。

イーサリアムの最新のブロック数とは

イーサリアム(Ethereum / ETH)の最新のブロック数とは、約15秒に一つ作成されるイーサリアムのブロックチェーンの最新のブロック番号です。ハードフォークの際にはどのブロックで分岐が起こるか予め公表されるため、最新のブロック数を確認し売買の対応を行うなどの対応を行う必要がある。最新のブロック数はEtherscanで確認ができる。

イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)とは

イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)とは、日本時間2018年1月20日午前3時〜5時頃(ブロック番号4936270)にイーサリアムからのハードフォークによって誕生する予定のフォークコインです。イーサリアム保有者に1:1の割合で付与される予定です。公式サイトにはETZチームが接触している取引所のリストがあるが、配布を行う取引所については、今後の各取引所の発表を確認の上各自判断する必要がある。

“イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)” の続きを読む

NEO(ネオ)とは

NEOとは中国で2015年にICOで誕生し、2016年に取引所で取り扱いを開始した中国の仮想通貨です。スマートコントラクトの機能が提供されており、NEOのプラットフォーム上でアプリケーションを作ることもできるため、NEOのエコシステムが徐々に広がりつつあります。2018年1月5日時点で12番目の時価総額の仮想通貨となるまで成長しており、国内でも人気の海外取引所バイナンスでも取り扱いがあることもあり注目されています。

“NEO(ネオ)” の続きを読む

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは、デスクトップ(PC)のブラウザ上で動作するウォレットです。イーサリアム(ETH)とイーサリアムのプラットフォームERC20トークンに対応しているため、イーサリアムをベースに作られた各種アルトコインが保管可能なウォレットです。長期保管の際の取引所のハッキングなどのリスクを回避する目的でもウォレットが利用されています。

“MyEtherWallet(マイイーサウォレット)” の続きを読む

ERC20とは

ERC20とは、イーサリアムブロックチェーンから新たなコインを発行する際に使用するプロトコルでイーサリアム上でのルールが定義されています。ERC20に準拠して発行されたトークンはERC20に対応したイーサリアムウォレットで保管することができるため、イーサリアムの経済圏を活用し通貨発行ができる方法として、ICOの選択肢として人気になっています。

草コイナーとは

草コイナーとは、マイナーなアルトコイン(草コイン)を買い集める人のことです。一攫千金を狙い数倍、数数倍などに化ける草コインの事例がある一方、開発が止まってしまい暴落する草コインもあり極めて投機性の高い取引となっている。草コイナーになるには注意と覚悟と下調べが必要である。

Paccoin (PAC)とは

Paccoin (PAC)とは、これまで長らくアップデートのない終わったプロジェクトと見られていましたが、開発陣が2018年3月1日にPacCoin2.0に生まれ変わることを発表し人気化しています。PacCoin2.0では、機能改善と共に現在のPacCoinの3兆枚を超える発行枚数を1000対1の30億枚に減らすことが発表され注目されている。発行枚数も多くボラティリティが非常に高いため、取引には注意が必要である。

“Paccoin (PAC)” の続きを読む

Propy (PRO)とは

Propy (PRO)とは、不動産取引をブロックチェーンで実現するプラットフォームを提供する企業です。2017年8月に独自通貨PROのトークンセールを行い、現在は海外の取引所のLiquiで購入することができる。不動産取引の国境を越えた支払いや書類作成をブロックチェーン技術で支援し、安全かつ即時にPROで取引を行える仕組みを提供開始しています。2017年11月にXRP建てのヘッジファンドを設立したマイケルアリントンがアドバイザーとしてPropyに参加していることでも期待されている。

“Propy (PRO)” の続きを読む

SPINDLE(スピンドル)とは

SPINDLE(スピンドル)とは、株式会社BLACKSTAR&COがICOを予定している仮想通貨です。知名度の高い日本のアーティストGACKT(ガクト)氏がアジア戦略アドバザーとして参加しており、有名人を起用したICOとして人気化することが予想される。プロジェクトのホワイトペーパーはまだ未公開となっているため、くれぐれもプロジェクトの内容を踏まえて投資判断する必要がある。

“SPINDLE(スピンドル)” の続きを読む

nem bar(ネムバー)とは

nem barとは、NEMを中心とした仮想通貨好きの投資家や開発者が集まる場所として2017年12月にオープンした東京都渋谷区にあるバーです。改めてNEMコミュニティの強さが分かる事例であると共に、世界初のNEMのバーの誕生ということでNEMをはじめとした仮想通貨を支持する人々の交流の場としても期待されている。

“nem bar(ネムバー)” の続きを読む

宛先タグ(リップル / XRP)とは

宛先タグとは、リップル(Ripple / XRP)を他の仮想通貨取引所に送金する際にアドレスと共に設定する項目です。取引所では入金用の宛先タグとアドレスが完全一致することで入金を確認しているため、宛先タグを忘れて送金してしまった場合、取引所の対応に時間がかかったりサポートなどに連絡を取る必要が出てくるため注意が必要である。

草コインとは

草コインとは、マイナーなアルトコインのことです。草コインで一攫千金を狙い数倍になることがある一方、開発が止まってしまい暴落することもあることから、ハイリスク・ハイリターンの投機性の極めて高い取引となっており、注意が必要である。また、草コインを買い集める人を草コイナーと呼ぶことがある。

バージ(Verge / XVG)とは

バージ(Verge / XVG)とは、プライバシーを重視した匿名の仮想通貨です。TORとi2Pといった匿名化の技術を採用しており、取引の承認時間が短く送金がしやすい匿名の仮想通貨として、ダッシュ、モネロ、ジーキャッシュに続く存在として注目を集めている。現在国内取引所で取り扱いがないものの、国内で人気の海外取引所Binanceなどでも取り扱いがあることから、国内でも徐々に知名度が高まっている。

“バージ(Verge / XVG)” の続きを読む

IYRKとは

IYRKとは、I(いくで)Y(やるで)R(リップル)K(買い増しや)という仮想通貨投資家の100億円PLAYERさんの2017年に流行した口ぐせの頭文字を取ったものです。

“IYRK” の続きを読む

ビットゼニー(BitZeny / ZNY)とは

ビットゼニー(BitZeny / ZNY)とは、普通のPCで採掘できる国産の仮想通貨です。モナコインに次ぐ国産の仮想通貨として徐々に人気となりつつあります。取り扱いのある取引所は2017年12月時点で海外の仮想通貨取引所のC-CEXのみとなっている。

“ビットゼニー(BitZeny / ZNY)” の続きを読む

ビットコインゴッド(Bitcoin God / GOD)とは

ビットコインゴッド(Bitcoin God / GOD)とは、ビットコインのハードフォーク(ブロック:501225)により誕生予定のフォークコインです。2017年12月25日のクリスマスの日に誕生予定となっている。乱発するフォークコインの一種と見られているもののビットコイン保有者に配布されることから、各取引所の今後の動向が注目される。

“ビットコインゴッド(Bitcoin God / GOD)” の続きを読む