ミートアップとは

ミートアップとは特定のテーマに関するメンバーが集まるオフ会です。仮想通貨の分野では、特定の通貨に関するミートアップや、特定の仮想通貨技術(Dappsライトニングネットワークなどの技術)に関するミートアップなど多様なテーマで行われています。

TGE (Token Generation Event)とは

TGEとは、トークン生成イベント(Token Generation Event)から頭文字を取った略称で、ICOの別の呼び名として利用されている。ICOにおける詐欺コインが乱発しマーケットが規制を推進しはじめていることから新たな呼び名として使われ始めているが、実態はICOと何も変わらない。

DApps (Decentralized Applications)とは

DApps (Decentralized Applications)とは、分散型のアプリケーションのことです。中央管理されるのではなく、ブロックチェーンまたはP2Pネットワーク上に存在しスマートコントラクトにより実行される自律したアプリケーションまたはプログラムです。

“DApps (Decentralized Applications)” の続きを読む

KYC(Know Your Customer)とは

KYC(Know Your Customer)とは、仮想通貨取引所などで口座開設を行う際に顧客の身元確認をするための書類手続きです。仮想通貨取引の拡大と合わせて問題となりつつあるマネーロンダリングや脱税防止のために、取引所側で口座開設時の身元確認を義務付けるなど、各国で法整備が進んでいる。

ホットウォレットとは

ホットウォレットとは、ネットワークに接続された状態のウォレットです。いつでも仮想通貨の引き出しが可能で利便性が高い一方で、外部からのハッキングによる盗難リスクがあるため、コールドウォレットとの使い分けでリスクを軽減する措置が重要となっている。

“ホットウォレット” の続きを読む

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、ネットワークから隔離し外部と接続されていない状態のウォレットです。外部への送金の際の手間があるものの、安全に管理できるため、すぐに引き出す必要のない仮想通貨資産を保管するのに適した方法です。

“コールドウォレット” の続きを読む

Airdrop(エアドロップ)とは

Airdrop(エアドロップ)とは、無料または小さな作業の対価として、仮想通貨やトークンの発行元から特定のコミュニティーに配布されることです。仮想通貨やトークンのテレグラムのグループに参加するだけで配布されるものやSNSなどでの拡散の対価として配布されるものなどがある。

仮想通貨の格付けとは

仮想通貨の格付けとは、格付け会社による仮想通貨の信用状態に関する評価結果を元に等級(A+やB-など)をつけたランクです。米国の独立系格付け会社Weiss Ratingsが仮想通貨の格付けを2018年1月24日にいくつかの通貨について発表し詳細情報は有料で提供されている。無料で発表された簡易情報では、Bitcoin (C+)、Ethereum (B)、Novacoin (D)、SaluS (D)、Steem (B-)となっている。

“仮想通貨の格付け” の続きを読む

レンディングとは

レンディングとは、保有する仮想通貨を一定期間貸し出すことで利用料として貸出の対価を得ることができるサービスです。国内ではコインチェックが「Coincheck貸仮想通貨サービス」という名称でレンディングサービスを行っている。長期保有予定の仮想通貨を貸出によって収益化できるため、ガチホ資産の運用方法として利用されている。

“レンディング” の続きを読む

セルフGOXとは

セルフGOX(セルフゴックス)とは、送金ミスなどの自身の過失によって仮想通貨を失ってしまうことです。2014年2月のハッキングによるビットコイン盗難が原因で破綻に至ったマウントゴックス社の名前が語源となっています。

“セルフGOX” の続きを読む

Telegram(テレグラム)とは

Telegram(テレグラム)とは、Telegram Messenger LLPにより運営されている世界で2億人以上が利用するメッセージアプリです。テレグラム上の全てのチャットは暗号化されていることから、多くの仮想通貨の開発チームでもユーザーとのコミュニケーションのために利用していることが多く、仮想通貨の投資家の間でも最新情報を得るために利用が広がってきている。また、2018年後半から2019年にかけて「テレグラム・オープンネットワーク(TON)」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームを準備し、その上で使われる仮想通貨「グラム(GRAM)」のICOも予定していることが発表されており、注目を集めている。

“Telegram(テレグラム)” の続きを読む

ガラ(ナイアガラ)とは

ガラとは、価格の急落のことをいいます。ナイアガラを語源とし、チャートがナイアガラの滝を連想させることからこの呼名が使われています。

Dump(ダンプ)とは

Dump(ダンプ)とは、Pump(パンプ)によって価格がつり上げられた仮想通貨を売り抜けて利益を得ることです。 通常パンプさせた後にダンプが行われるため、セットにしてその方法をパンプアンドダンプと呼ばれています。時価総額の大きな通貨では価格吊り上げが難しいため、時価総額の小さな単価の安い草コインで時々起きることがあります。

Pump(パンプ)とは

ある仮想通貨を煽ることで価格を一時的につり上げることです。そのつり上がった価格で売り抜けて利益を得ることをDump(ダンプ)といいます。 通常パンプさせた後にダンプが行われるため、セットにしてその方法をパンプアンドダンプと呼んでいます。時価総額の大きな通貨では価格吊り上げが難しいため、時価総額の小さな単価の安い草コインで時々起きることがあります。

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは、分散型取引所CryptoBridgeが発行する仮想通貨です。特徴は分散型取引所の取引手数料の利益の50%がブリッジコイン所有者に配布される仕組みで、CryptoBridgeのユーザー数の増加に伴い少しづつ注目されてきています。

“ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)” の続きを読む

FUDとは

FUDとは、Fear(不安)、Uncertainty(不確実)、Doubt(疑念)の頭文字を取ったものです。FUDを煽ることによって、そのFUDを解消するものに人の目を向けさせるマーケティング手法です。

養分とは

養分とは、急落した時にひよって仮想通貨を売却したり急騰時に高値掴みしてしまうことにより、自分の不利益が誰かの利益(栄養)になってしまうことです。

スプレッドとは

スプレッドとは、仮想通貨取引所の買い取引時の購入レートと売り取引時の売却レートの差です。この差が大きい場合、仮想通貨を購入して少し価格が上がってもスプレッドでマイナスとなることもあることから、手数料を含めたコストが抑えられるバイナンスのような板取引の取引所が利用されている。

“スプレッド” の続きを読む

BitPayとは

BitPayとは、2011年創業の米国企業で、店舗向け仮想通貨の決済処理システムを提供する企業です。2017年12月15日に同社の決済システムがビットコインキャッシュをサポートすることを発表し、ビットコインの高額な送金手数料に対する企業の次の動きとして注目されることになった。個人向けの仮想通貨ウォレットアプリも提供している。

“BitPay” の続きを読む