Moon(ムーン)とは

Moon(ムーン)とは、急騰する価格を月に向かって急激に上昇する様に例えて表現して使われる言葉です。元々「To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)」と使われていた表現が、Moonと短く使われている。どの程度上がればムーンであるかなどの基準が人それぞれであるため、少しの上昇でムーンと言っても共感が得られないため使う際には注意が必要である。

お風呂ングとは

お風呂ングとは買いポジションを取ってお風呂に入ることです。レバレッジ倍率の高すぎるポジションの場合入浴中のロスカットされないか気になり長風呂できなくなってしまうことがある。人によってはただお風呂に入ることをお風呂ングと呼んでいることもある。

“お風呂ング” の続きを読む

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは、急騰する価格を月に向かって急激に上昇する様に例えて表現して使われる言葉です。Moonとだけ表されることもある。どの程度上がればムーンであるかなどの基準が人それぞれであるため、少しの上昇でムーンと言っても共感が得られないため使う際には注意が必要である。

FOMOとは

FOMOとは、「Fear of Missing Out」の頭文字を取ったもので直訳すると「見逃すことの恐怖」という意味で、インターネットに四六時中接続していないとチャンスを見逃し取り残されることの恐怖のことを呼んでいます。仮想通貨の世界でも常に情報を探しムーンする機会を掴もうとする様は、FOMOから由来する状態であると言えなくもない。

コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)とは

コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)とは、仮想通貨の時価総額が確認できるサイトです。過去の価格も遡って確認できるページもあり、マーケットの動きを確認するのに役立つ情報がまとめられており、仮想通貨取引のマーケットの全体感を掴む参考として利用されている。

“コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)” の続きを読む

仮想通貨の時価総額とは

仮想通貨の時価総額とは、発行通貨量と価格の掛け算で表すことができます。各仮想通貨の時価総額はコインマーケットキャップのサイトで確認できるようになっており、ビットコインの時価総額は2017年12月17時点で$323,895,184,777(35兆円)となっている。

“仮想通貨の時価総額” の続きを読む

ATH (All-Time High)とは

ATHとは、過去最高値のことでAll-Time Highの頭文字を取ったものです。

ヨコヨコとは

ヨコヨコとは、相場が動かず狭いレンジでの値動きしている保ち合い(もちあい)の状態です。

ガチホとは

ガチホとは、ガチでホールドしている様を略したものです。強く保有し続けることです。

“ガチホ” の続きを読む

ロスカットとは

ロスカットとはレバレッジ取引で損益が一定の水準に達した際に、強制的に決済される仕組みです。損失の拡大を防止する目的でレバレッジ取引やFXなどでは、取引所ごとにルール化されています。

“ロスカット” の続きを読む

おはぎゃー(おはギャー)とは

おはぎゃー(おはギャー)とは、おはようとぎゃーが一つになった言葉で、ポジションを持って寝て翌朝暴落していた時に使います。

フラッシュ・クラッシュとは

フラッシュクラッシュとは、株価の瞬時な急落のことで、コンピューターによる超高速取引によって急変することが原因となっている。

ゼロ知識証明(Zero-Knowledge Proof)とは

ゼロ知識証明(Zero-Knowledge Proof)とは、秘密情報(パスワードなど)を所持している人がその秘密情報をもって本人であることを他の人に示す際に、秘密情報自体は誰にも開示しなくてよい認証方式です。

フォークコインとは

フォークコインとは、ハードフォークを利用した独自通貨の発行手法である。ICOブームのピークが2017年初秋で落ち着いた後、新たな仮想通貨発行の手段として盛り上がってきており、ビットコインゴールドビットコインダイヤモンドなどの新たな仮想通貨が続々と生まれている。ICOで資金調達する代わりに、IFOではプレマインなどによって資金を捻出することがある。

イナゴタワーとは

特定の銘柄の株価が急騰した際に、急遽買い付け速やかに利食いし他の銘柄に移動する個人投資家の売買行動によって暴騰後急落する通貨の動きが多く見られることから、この動きを稲穂に群がるイナゴに例えてイナゴタワーと呼ばれている。

スキャムコインとは

スキャムコイン(Scam Coin)とは、詐欺を目的とした悪徳な仮想通貨のことです。