ICO(Initial Coin Offering)とは

ICO(Initial Coin Offering)とは証券取引所での IPO(Initial Public Offering: 新規株式公開)と似た仮想通貨経済圏の仕組みで、IPOが証券取引所に新規株式公開するのと違い、ICOは企業などの組織のプロジェクトが自らの仮想通貨(暗号通貨)を発行し通貨が仮想通貨の取引所に上場されることで資金提供者から資金調達を行うことである。最近ではスキャムコインが乱発しており、各国で規制の対象になってきている。

関連リンク

  • ICOの情報が確認できるサイト「ICO Drops

ICO規制の海外の動き

ICOの際にはホワイトペーパーと呼ばれる企業などの組織でプロジェクトの内容・計画がまとめられたドキュメントが用意されることが多いが、実際には実行に移されないものも多く詐欺のようなICOが一部で登場してきていることから、中国や韓国ではICOによる資金調達を禁止している。

ICOに関する国内の動き

金融庁から2017年10月27日にICOに関して下記の注意喚起が公開されている。
ICO(Initial Coin Offering)について ~利用者及び事業者に対する注意喚起~

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら