IFO(Initial Fork Offering)とは

IFO(Initial Fork Offering)とは、ハードフォークを利用したICO(Initial Coin Offering)である。ICOブームのピークが2017年初秋で落ち着いた後、新たな仮想通貨発行の手段としてハードフォークを利用して自身の通貨を発行する手法が盛り上がってきており、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンド、スーパービットコインなどIFOによって新たな仮想通貨が続々と生まれている。ICOで資金調達する代わりに、IFOではプレマインなどによって資金を捻出することがある。IFOで発行される通貨はフォークコインと呼ばれることもある。

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら