おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.05%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら

マウントゴックス(Mt. Gox)とは

マウントゴックス(Mt. Gox)とは、2010年にビットコインの取り扱いを開始したビットコイン取引所で拠点を東京都渋谷区においていた。2013年4月に世界のビットコイン取引量の70%を取り扱うまで拡大したが、その後2014年2月にハッキングによるビットコインの盗難により全取引を中止し、破産に至る。

“マウントゴックス(Mt. Gox)” の続きを読む

1satoshiとは

1satoshiとはビットコインの最小の通貨単位で、1satoshi=0.00000001BTCです。ビットコインのコインの考案者のサトシ・ナカモトの名前から由来しています。

サトシ・ナカモトとは

サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)は、ビットコインの仕組みを考案した正体不明の人物である。ビットコインに関する論文発表後、他の開発者とともにビットコインのソフトウェアのリリースに携わった。2010年半ば以降開発コミュニティとの接触もなくなり、正体は依然として不明のままである。サトシナカモトのコミュニティとの接触がなくなった後に、サトシ・ナカモトは自分であると名乗り出る人物が複数出てきているが、いずれも本人である確証が得られず、現在まで秘密のベールに包まれている。

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェアを使った仮想通貨を保管するウォレット(財布)のことである。ハードウェアウォレットを使用することでネット接続せずオフラインの状態で仮想通貨を安全に保管できる。仮想通貨をウェブサービスのウォレットや取引所に保管しておく場合、利便性が高い一方でセキュリティ面はサービス提供会社や機関に任せる必要があるため、長期で保管する際にはオフラインで保管可能なハードウェアウォレットが安全な方法の一つとして選ばれている。

“ハードウェアウォレット” の続きを読む

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組み、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じた合意の仕組みであるのに対して、プルーフ・オブ・インポータンスは重要度(Inportance)が高い人が報酬を得られる仕組みとなっています。重要度はネットワーク上の取引数や頻度、保有数などでブロックの承認を行う仕組みとなっています。

“プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組みであるのに対し、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じて、ブロックの承認を行う仕組みとなっています。電力コストなどの問題も生じず、プルーフ・オブ・ワークよりも効率的な仕組みとして期待されています。

“プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは、ビットコインなどで使われている仕組みで、取引の合意形成を可能にするハッシュ関数を利用したコンセンサス(合意)アルゴリズムです。ネットワーク上で行われた全ての取引履歴を保持するブロックチェーンはネットワーク内で合意しながら運用されており、次に繋げるブロックをネットワーク参加者からの提案で決めています。その際の新しいブロックの提案が有効であると承認されるには参加者のコンピューターによる大量の計算(ワーク)が必要となり、それを証明(プルーフ)する仕組みがプルーフオブワークと呼ばれています。取引履歴を改ざんしようとする者がいた場合も、その個人がネットワーク全体に対して計算量で上回る必要があるため、不正が困難な仕組みとなっています。また最近ではコンピューターのリソースを大量に必要とするため、電気代などのコストが大きくなる点が問題視されています。

“プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)” の続きを読む

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングとは、クラウドサービスを使って仮想通貨のマイニング(採掘)を行う方法です。マイニングの難易度が高くなってきており、個人のコンピューターの処理ではマイニングし辛くなってきたため、クラウドマイニングを提供するサービスプロバイダーが現れました。クラウドマイニングでは初期投資を抑え、技術的にも手軽に仮想通貨を採掘できるため個人のマイニングへの参加方法として注目されています。

“クラウドマイニング” の続きを読む

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン技術を活用しスマートに契約(コントラクト)を行える仕組みとして期待されています。ブロックチェーン上で予め契約内容や契約執行の条件をプログラムしておくことで、条件に該当した際に契約が自動で執行され、契約などの取引を間に人を介在せず不正や改ざんのない形で取引を運用管理できる仕組みとなっています。イーサリアムリスクなどの仮想通貨がスマートコントラクトの機能を提供しており、それらの技術を利用したプロジェクトも各企業で開発が始まっています。

トークンとは

トークンとは、基本的には仮想通貨の異なる呼び方でもありました。開発者グループによって仮想通貨が発行され、誰かがそれを購入しトレードできれば、それは仮想通貨と呼ばれたりトークンと呼ばれることがあります。しかし、最近ではトークンは独自のブロックチェーンシステムではなく他のブロックチェーンシステムから作られた仮想通貨のことを指すことが増えてきました。そのため、ビットコインやイーサリアム、リップル、ネムなどの仮想通貨は独自のブロックチェーンシステムを持っているため仮想通貨と呼ばれますが、ICOの際に、既存のブロックチェーンシステムを利用して仮想通貨を発行する場合、その通貨はトークンと呼ばれることが増えてきています。

ICO(Initial Coin Offering)とは

ICO(Initial Coin Offering)とは証券取引所での IPO(Initial Public Offering: 新規株式公開)と似た仮想通貨経済圏の仕組みで、IPOが証券取引所に新規株式公開するのと違い、ICOは企業などの組織のプロジェクトが自らの仮想通貨(暗号通貨)を発行し通貨が仮想通貨の取引所に上場されることで資金提供者から資金調達を行うことである。最近ではスキャムコインが乱発しており、各国で規制の対象になってきている。

“ICO(Initial Coin Offering)” の続きを読む

ソフトフォークとは

ソフトフォークとは、仮想通貨のネットワークの改善を目的としブロックチェーンで規定されたルールを緩和・改善することです。ハードフォークと異なり、ソフトフォークは新ルール採用前の旧仕様にも対応しています。

ハードフォークとは

ハードフォークとは、仮想通貨のネットワークの改善を目的としブロックチェーンで規定されたルールを緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。ハードフォークの際には、新しいルールを採用しない場合、新しいルールに則って作成されたブロックや取引の承認の際に無効として却下されてしまいます。これによって新ルールを採用するものと採用しないものの間で仮想通貨のブロックチェーンで不一致が生じ、仮想通貨が分裂することがあります。過去には2017年8月1日にハードフォークされた結果、ビットコインがビットコインとビットコインキャッシュに分裂したことがあります。

マイニングとは

マイニング(採掘)とはビットコインを採掘することです。ビットコインを採掘するには、ビットコインのネットワークで参加者がビットコインの最近の取引をブロックにまとめ、計算上難しいパズルを解決しようとします。そして、最初にパズルを解いた参加者は次のブロックをブロックチェーンに作成し報酬としてビットコインを得ることができます。世界中でマイニングは行われており、報酬を得るためには最も早く計算を行う必要があることから、業者や企業が大規模な専門のコンピュータやデータセンターを用意し、競争を行っている。最近ではクラウドマイニングというマイニングをクラウドサービスとして提供する企業が登場してきている。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、仮想通貨でよく利用される分散型の台帳技術です。ビットコインの場合、ビットコインの取引記録がまとまった「ブロック」を分散化されたネットワーク上のマイナー(採掘者)が承認し、承認済みのブロックを「チェーン」のように1本にまとめネットワーク全体で共有されて運用されています。

ビットコインETFとは

ビットコインETF(上場投資信託)とはビットコイン価格と連動するETFのことで、個人及び機関投資家がビットコインへ投資しやすくなり、ビットコインのさらなる普及のきっかけとして期待されている。2017年9月時点でまだ各社準備申請段階である。

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン以外の他に数百以上もある仮想通貨(暗号通貨)の総称です。アルトコインはビットコインの代替品となっており、ビットコインと異なる様々な特徴をそれぞれに持っています。代表的なアルトコインには、イーサリアムやライトコイン、ネム、リップルなどがあります。

オーガー(Augur / REP)とは

オーガー(Augur / REP)はスマートコントラクトを未来予測に適用することで公正な未来予測市場の実現を目指しており、その公正な未来予測市場の実現を目指すプラットフォームを提供しています。オーガーのプラットフォームの中で使われる仮想通貨の名称は「REP」です。ギャンブルでいう胴元のいない未来予測市場を作ろうとしていおり、大統領選で誰が勝つか、次の野球の試合でヤンキースが勝つかなど、そのような予測のマーケットのプラットフォームを目指しているプロジェクトです。

“オーガー(Augur / REP)” の続きを読む

ファクトム(Factom / FCT)とは

ファクトム(Factom / FCT)は世界のデータを分散システムに保存しブロックチェーン技術を使用することで、あらゆる書類や記録、デジタル資産を分散的に管理できるプラットフォームで、そのプラットフォームの取引に使用される仮想通貨です。

“ファクトム(Factom / FCT)” の続きを読む

ライトコイン(Litecoin / LTC)とは

ライトコイン(Litecoin / LTC)はピアツーピア暗号化およびオープンソースソフトウェアプロジェクトです。他の仮想通貨に比べ支払いコストがほぼゼロで、ビットコインより約4倍の速さで支払いを行え利便性が高い通貨になっています。

“ライトコイン(Litecoin / LTC)” の続きを読む