おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.05%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら

セルフGOXとは

セルフGOX(セルフゴックス)とは、送金ミスなどの自身の過失によって仮想通貨を失ってしまうことです。2014年2月のハッキングによるビットコイン盗難が原因で破綻に至ったマウントゴックス社の名前が語源となっています。

“セルフGOX” の続きを読む

JPYマイニングとは

JPYマイニングとは、労働により日本円(JPY)を稼ぐことです。仮想通貨のマイニングはマシンの計算力を提供し対価を得るのに対し、JPYマイニングは労働の対価として円を給与として得ることから、働いてお金を稼ぐことをマイニングに喩えてJPYマイニングと呼ばれている。

NEM Blockchain Explorerとは

NEM Blockchain Explorerとは、NEM(XEM)を送金した時に取引所から通知のあったトランザクションID(txid)で送金の状態を調べることができるサイトです。NEMの取引の状況をはじめブロック生成時間やブロック数などのNEMのブロックチェーン情報が確認できる機能を提供している。NEMの送金トラブルにあった際はまずトランザクションIDで検索し取引状況を確認した上で取引所へ問い合わせるとスムースにやり取りすることができる。

“NEM Blockchain Explorer” の続きを読む

MUFGコインとは

MUFGコインとは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が2018年度中の提供開始を目標に開発する仮想通貨です。MUFGが取引所も開設予定で、1MUFGコイン=約1円に価格を安定させる予定であることが特徴です。Tether(テザー)のような使われ方が期待されるが、他の取引所へ上場するかは全くの未定となっており、今後の情報公開が待たれている。

Telegram(テレグラム)とは

Telegram(テレグラム)とは、Telegram Messenger LLPにより運営されている世界で2億人以上が利用するメッセージアプリです。テレグラム上の全てのチャットは暗号化されていることから、多くの仮想通貨の開発チームでもユーザーとのコミュニケーションのために利用していることが多く、仮想通貨の投資家の間でも最新情報を得るために利用が広がってきている。また、2018年後半から2019年にかけて「テレグラム・オープンネットワーク(TON)」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームを準備し、その上で使われる仮想通貨「グラム(GRAM)」のICOも予定していることが発表されており、注目を集めている。

“Telegram(テレグラム)” の続きを読む

イーサリアムの最新のブロック数とは

イーサリアム(Ethereum / ETH)の最新のブロック数とは、約15秒に一つ作成されるイーサリアムのブロックチェーンの最新のブロック番号です。ハードフォークの際にはどのブロックで分岐が起こるか予め公表されるため、最新のブロック数を確認し売買の対応を行うなどの対応を行う必要がある。最新のブロック数はEtherscanで確認ができる。

イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)とは

イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)とは、日本時間2018年1月20日午前3時〜5時頃(ブロック番号4936270)にイーサリアムからのハードフォークによって誕生する予定のフォークコインです。イーサリアム保有者に1:1の割合で付与される予定です。公式サイトにはETZチームが接触している取引所のリストがあるが、配布を行う取引所については、今後の各取引所の発表を確認の上各自判断する必要がある。

“イーサリアムゼロ(EtherZero / ETZ)” の続きを読む

ガラ(ナイアガラ)とは

ガラとは、価格の急落のことをいいます。ナイアガラを語源とし、チャートがナイアガラの滝を連想させることからこの呼名が使われています。

Dump(ダンプ)とは

Dump(ダンプ)とは、Pump(パンプ)によって価格がつり上げられた仮想通貨を売り抜けて利益を得ることです。 通常パンプさせた後にダンプが行われるため、セットにしてその方法をパンプアンドダンプと呼ばれています。時価総額の大きな通貨では価格吊り上げが難しいため、時価総額の小さな単価の安い草コインで時々起きることがあります。

Pump(パンプ)とは

ある仮想通貨を煽ることで価格を一時的につり上げることです。そのつり上がった価格で売り抜けて利益を得ることをDump(ダンプ)といいます。 通常パンプさせた後にダンプが行われるため、セットにしてその方法をパンプアンドダンプと呼んでいます。時価総額の大きな通貨では価格吊り上げが難しいため、時価総額の小さな単価の安い草コインで時々起きることがあります。

G-taxとは

G-taxとは、サイト上で仮想通貨取引の損益計算を行うサービスです。複数の取引所で売買を頻繁に行うと確定申告の際の計算が非常に複雑になるが、そうした計算作業をサポートしてくれるため注目されている。国内外の8主要10取引所の取引データに対応しており(2018年1月5日時点)、今後も対応取引所を拡大予定となっている。β版のテストユーザーの募集は2018年1月6日時点で終わっているが、今後再度新規ユーザー登録を行う予定となっている。

“G-tax” の続きを読む

Cryptofolio(クリプトフォリオ)とは

Cryptofolio(クリプトフォリオ)とは、仮想通貨の資産総額を管理できるアプリです。各取引所の様々な仮想通貨の保有枚数を予め登録しておくことで、仮想通貨資産の最新の総額をアプリで把握できるため、複数の取引所を利用する仮想通貨ホルダーの間で人気になっている。

“Cryptofolio(クリプトフォリオ)” の続きを読む

NEO(ネオ)とは

NEOとは中国で2015年にICOで誕生し、2016年に取引所で取り扱いを開始した中国の仮想通貨です。スマートコントラクトの機能が提供されており、NEOのプラットフォーム上でアプリケーションを作ることもできるため、NEOのエコシステムが徐々に広がりつつあります。2018年1月5日時点で12番目の時価総額の仮想通貨となるまで成長しており、国内でも人気の海外取引所バイナンスでも取り扱いがあることもあり注目されています。

“NEO(ネオ)” の続きを読む

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは、デスクトップ(PC)のブラウザ上で動作するウォレットです。イーサリアム(ETH)とイーサリアムのプラットフォームERC20トークンに対応しているため、イーサリアムをベースに作られた各種アルトコインが保管可能なウォレットです。長期保管の際の取引所のハッキングなどのリスクを回避する目的でもウォレットが利用されています。

“MyEtherWallet(マイイーサウォレット)” の続きを読む

ERC20とは

ERC20とは、イーサリアムブロックチェーンから新たなコインを発行する際に使用するプロトコルでイーサリアム上でのルールが定義されています。ERC20に準拠して発行されたトークンはERC20に対応したイーサリアムウォレットで保管することができるため、イーサリアムの経済圏を活用し通貨発行ができる方法として、ICOの選択肢として人気になっています。

草コイナーとは

草コイナーとは、マイナーなアルトコイン(草コイン)を買い集める人のことです。一攫千金を狙い数倍、数数倍などに化ける草コインの事例がある一方、開発が止まってしまい暴落する草コインもあり極めて投機性の高い取引となっている。草コイナーになるには注意と覚悟と下調べが必要である。

Paccoin (PAC)とは

Paccoin (PAC)とは、これまで長らくアップデートのない終わったプロジェクトと見られていましたが、開発陣が2018年3月1日にPacCoin2.0に生まれ変わることを発表し人気化しています。PacCoin2.0では、機能改善と共に現在のPacCoinの3兆枚を超える発行枚数を1000対1の30億枚に減らすことが発表され注目されている。発行枚数も多くボラティリティが非常に高いため、取引には注意が必要である。

“Paccoin (PAC)” の続きを読む

Cryptopia(クリプトピア)とは

Cryptopia(クリプトピア)とは、ニュージーランドのCryptopia Limitedが2014年に開設した仮想通貨取引所です。500以上もの仮想通貨がBTC、LTCやDOGEなどで購入できるため、手軽に手持ちの仮想通貨を送り国内取引所やバイナンスにも上場していない草コインに投資することができ点で人気となっている。アカウントは即時開設可能であるため、最近ではDenarius (DNR)やPaccoin (PAC)のような一部の草コイナーの推し通貨を購入できることもあり投機的な取引での利用もされている。

“Cryptopia(クリプトピア)” の続きを読む

Propy (PRO)とは

Propy (PRO)とは、不動産取引をブロックチェーンで実現するプラットフォームを提供する企業です。2017年8月に独自通貨PROのトークンセールを行い、現在は海外の取引所のLiquiで購入することができる。不動産取引の国境を越えた支払いや書類作成をブロックチェーン技術で支援し、安全かつ即時にPROで取引を行える仕組みを提供開始しています。2017年11月にXRP建てのヘッジファンドを設立したマイケルアリントンがアドバイザーとしてPropyに参加していることでも期待されている。

“Propy (PRO)” の続きを読む