おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.05%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら

Liquiとは

Liquiとは、国内取引所や大手海外取引所バイナンスにも未上場の草コインが購入可能な2016年開設のウクライナの仮想通貨取引所です。口座開設もID・パスワード登録で即時に登録でき、PROやADX、GNTなど50以上のアルトコインが購入できるため目当てのアルトコイン購入用として草コイナーに利用されている。

“Liqui” の続きを読む

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは、分散型取引所CryptoBridgeが発行する仮想通貨です。特徴は分散型取引所の取引手数料の利益の50%がブリッジコイン所有者に配布される仕組みで、CryptoBridgeのユーザー数の増加に伴い少しづつ注目されてきています。

“ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)” の続きを読む

CryptoBridgeとは

CryptoBridgeとは、注目されている分散型取引所の一つです。BitZenyやXP、ドージコインなど国内でも人気のアルトコインや独自通貨のブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)など20以上の仮想通貨が取引可能となっている。分散型取引所のため、1箇所でシステム障害が発生しても分散システムにより、安定性が高いとされており、開設もアカウント登録だけの非常に手軽に開始できるサービスとなっているが、ID・パスワードは無くさないよう保管には注意する必要がある。

“CryptoBridge” の続きを読む

cointap(コインタップ)とは

cointap(コインタップ)とは、DMMグループのネクストカレンシー社が2018年春に開業予定で準備を進めている仮想通貨取引所です。DMMグループのFX取引所の実績から、同社の仮想通貨取引所の事業に期待が集まっている。現在事前登録の受付を行っており、事前登録しておくとリリース時に招待連絡が優先的に来るとのこと。

“cointap(コインタップ)” の続きを読む

KuCoinとは

KuCoinとは、2017年に開設された香港の仮想通貨取引所です。UIなどの操作性も良く独自通貨の草コインの上場が早いため、アルトコインで人気の海外取引所バイナンスでも取り扱いのない仮想通貨も取り扱っていることが魅力である。口座開設もパスポート提示もなく速やかに取引開始できることから、利用者も増えつつある。KuCoinが発行した仮想通貨のKuCoin Shares(KCS)も取り扱っている。

“KuCoin” の続きを読む

FUDとは

FUDとは、Fear(不安)、Uncertainty(不確実)、Doubt(疑念)の頭文字を取ったものです。FUDを煽ることによって、そのFUDを解消するものに人の目を向けさせるマーケティング手法です。

SPINDLE(スピンドル)とは

SPINDLE(スピンドル)とは、株式会社BLACKSTAR&COがICOを予定している仮想通貨です。知名度の高い日本のアーティストGACKT(ガクト)氏がアジア戦略アドバザーとして参加しており、有名人を起用したICOとして人気化することが予想される。プロジェクトのホワイトペーパーはまだ未公開となっているため、くれぐれもプロジェクトの内容を踏まえて投資判断する必要がある。

“SPINDLE(スピンドル)” の続きを読む

養分とは

養分とは、急落した時にひよって仮想通貨を売却したり急騰時に高値掴みしてしまうことにより、自分の不利益が誰かの利益(栄養)になってしまうことです。

スプレッドとは

スプレッドとは、仮想通貨取引所の買い取引時の購入レートと売り取引時の売却レートの差です。この差が大きい場合、仮想通貨を購入して少し価格が上がってもスプレッドでマイナスとなることもあることから、手数料を含めたコストが抑えられるバイナンスのような板取引の取引所が利用されている。

“スプレッド” の続きを読む

ビットバンク(bitbank)とは

ビットバンク(bitbank)とは、ビットバンク株式会社が2014年5月に設立した仮想通貨取引所です。板式の取引所で取引手数料も2018年2月現在無料キャンペーンを行っている。金融庁の仮想通貨交換業者登録も完了しており、知名度は他の国内取引所と比べ低いものの他の国内取引所に比べ取引手数料を安く抑えることができ、入金や送金、引き出しも早く利便性が高いため、利用者も増えてきている。

“ビットバンク(bitbank)” の続きを読む

nem bar(ネムバー)とは

nem barとは、NEMを中心とした仮想通貨好きの投資家や開発者が集まる場所として2017年12月にオープンした東京都渋谷区にあるバーです。改めてNEMコミュニティの強さが分かる事例であると共に、世界初のNEMのバーの誕生ということでNEMをはじめとした仮想通貨を支持する人々の交流の場としても期待されている。

“nem bar(ネムバー)” の続きを読む

BitPayとは

BitPayとは、2011年創業の米国企業で、店舗向け仮想通貨の決済処理システムを提供する企業です。2017年12月15日に同社の決済システムがビットコインキャッシュをサポートすることを発表し、ビットコインの高額な送金手数料に対する企業の次の動きとして注目されることになった。個人向けの仮想通貨ウォレットアプリも提供している。

“BitPay” の続きを読む

ジョン・マカフィー(John McAfee)とは

ジョン・マカフィー(John McAfee)とは、アンチウイルスソフトウェアの開発・販売を行う会社McAfeeの創業者です。近年は仮想通貨へ傾倒しており、Twitterでも積極的にICO銘柄を推奨するなど発信を行っている。推奨する銘柄が人気となることもあり、元々過激な発言でも知られる人物であることも相まって動向が注目されている。

“ジョン・マカフィー(John McAfee)” の続きを読む

宛先タグ(リップル / XRP)とは

宛先タグとは、リップル(Ripple / XRP)を他の仮想通貨取引所に送金する際にアドレスと共に設定する項目です。取引所では入金用の宛先タグとアドレスが完全一致することで入金を確認しているため、宛先タグを忘れて送金してしまった場合、取引所の対応に時間がかかったりサポートなどに連絡を取る必要が出てくるため注意が必要である。

GDAX (Global Digital Asset Exchange)とは

GDAX(Global Digital Asset Exchange)とは、米企業Coinbaseが運営する世界で9番目の取扱高(2018年1月2日時点)で、ユーザー数1000万人以上を抱える仮想通貨取引所です。2017年12月20日にビットコインキャッシュの取り扱いを開始しており、2018年にはリップルの取り扱い開始の噂も出ており注目されている。

“GDAX (Global Digital Asset Exchange)” の続きを読む

Moon(ムーン)とは

Moon(ムーン)とは、急騰する価格を月に向かって急激に上昇する様に例えて表現して使われる言葉です。元々「To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)」と使われていた表現が、Moonと短く使われている。どの程度上がればムーンであるかなどの基準が人それぞれであるため、少しの上昇でムーンと言っても共感が得られないため使う際には注意が必要である。

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinとは、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所が株式会社DMM Bitcoinに称号変更を行い、2017年1月11日より口座開設申し込み受付を開始した仮想通貨取引所です。開始当初は現物取引はビットコインとイーサリアムのみとなるが、ネムやリップル、ビットコインキャッシュなど14通貨ペアのレバレッジ取引も行うと発表しており、アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所として注目されている。

“DMM Bitcoin” の続きを読む

お風呂ングとは

お風呂ングとは買いポジションを取ってお風呂に入ることです。レバレッジ倍率の高すぎるポジションの場合入浴中のロスカットされないか気になり長風呂できなくなってしまうことがある。人によってはただお風呂に入ることをお風呂ングと呼んでいることもある。

“お風呂ング” の続きを読む

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは、急騰する価格を月に向かって急激に上昇する様に例えて表現して使われる言葉です。Moonとだけ表されることもある。どの程度上がればムーンであるかなどの基準が人それぞれであるため、少しの上昇でムーンと言っても共感が得られないため使う際には注意が必要である。

草コインとは

草コインとは、マイナーなアルトコインのことです。草コインで一攫千金を狙い数倍になることがある一方、開発が止まってしまい暴落することもあることから、ハイリスク・ハイリターンの投機性の極めて高い取引となっており、注意が必要である。また、草コインを買い集める人を草コイナーと呼ぶことがある。