SegWit2xとは

2017年11月16日に予定されているSegWit2xでは、ビットコインがハードフォークすることによって、ブロック容量が従来の1MBから2倍(2x) の2MBになります。これにより、SegWit2xを適用したブロックは取引処理速度が改善することが見込まれています。ただ、このハードフォークについては、開発コミュニティーの中でも支持派と反対派がおり、現在のビットコインがビットコイン(BTC)とビットコインSegWit2x(B2X)に分裂してしまうことになる可能性が出てきており、今後の展開に注目されていたが、11月9日にSegwit2xに中止が発表され一旦分裂が回避されることとなった。

おすすめの仮想通貨取引所


アルトコイン取引は格安手数料0.005%で人気のBinance!
取引量世界最大の取引所バイナンスでは、XRPやLSKなどの人気通貨や国内未上場のバージなど100種類以上の仮想通貨が格安手数料で売買できおすすめです。登録はこちら