Propy (PRO)とは

Propy (PRO)とは、不動産取引をブロックチェーンで実現するプラットフォームを提供する企業です。2017年8月に独自通貨PROのトークンセールを行い、現在は海外の取引所のLiquiで購入することができる。不動産取引の国境を越えた支払いや書類作成をブロックチェーン技術で支援し、安全かつ即時にPROで取引を行える仕組みを提供開始しています。2017年11月にXRP建てのヘッジファンドを設立したマイケルアリントンがアドバイザーとしてPropyに参加していることでも期待されている。

“Propy (PRO)” の続きを読む

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは

ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)とは、分散型取引所CryptoBridgeが発行する仮想通貨です。特徴は分散型取引所の取引手数料の利益の50%がブリッジコイン所有者に配布される仕組みで、CryptoBridgeのユーザー数の増加に伴い少しづつ注目されてきています。

“ブリッジコイン (BridgeCoin / BCO)” の続きを読む

FUDとは

FUDとは、Fear(不安)、Uncertainty(不確実)、Doubt(疑念)の頭文字を取ったものです。FUDを煽ることによって、そのFUDを解消するものに人の目を向けさせるマーケティング手法です。

FOMOとは

FOMOとは、「Fear of Missing Out」の頭文字を取ったもので直訳すると「見逃すことの恐怖」という意味で、インターネットに四六時中接続していないとチャンスを見逃し取り残されることの恐怖のことを呼んでいます。仮想通貨の世界でも常に情報を探しムーンする機会を掴もうとする様は、FOMOから由来する状態であると言えなくもない。

フラッシュ・クラッシュとは

フラッシュクラッシュとは、株価の瞬時な急落のことで、コンピューターによる超高速取引によって急変することが原因となっている。

フォークコインとは

フォークコインとは、ハードフォークを利用した独自通貨の発行手法である。ICOブームのピークが2017年初秋で落ち着いた後、新たな仮想通貨発行の手段として盛り上がってきており、ビットコインゴールドビットコインダイヤモンドなどの新たな仮想通貨が続々と生まれている。ICOで資金調達する代わりに、IFOではプレマインなどによって資金を捻出することがある。

ブロックストリーム社(Blockstream)とは

ブロックストリーム社(Blockstream)は、ビットコインの技術基盤となるオープンソース・プロジェクト「ビットコインコア」の主要開発者が所属することでも知られる2014年設立のカナダのモントリオールに拠点を置く企業です。ビットコインのブロックチェーンの外部にサイドチェーンと呼ばれる機能を開発することでビットコインの機能を拡張させるための技術に取り組んでいる。

“ブロックストリーム社(Blockstream)” の続きを読む

分散型台帳技術(Distributed Ledger Technology)とは

分散型台帳技術(Distributed Ledger Technology、略してDLT)とは、インターネット上のオープンなネットワークの上で、高い信頼性が求められる金融取引や重要データの取引や履歴の参照などを可能にする技術です。そして、分散型台帳技術を実現するテクノロジーがブロックチェーンです。

プレマイン(プレマイニング)とは

プレマイン(プレマイニング)とは、開発者が新規発行する仮想通貨をリリースする前に特定の数の仮想通貨を自身に割り当てることです。これは、新規発行する仮想通貨のコア機能の開発などの費用や報酬に充てるために行われることがよくあります。開発者が公平な方法で暗号通貨をリリースしない方法とみなされることも多く、批判の対象となることが多い手法です。

Fiat Money(フィアット・マネー)とは

Fiat Money(フィアット・マネー)とは法定通貨のことで、各国政府が発行する紙幣および硬貨を含めたドルや円、ユーロなどの通貨を指します。フィアット(Fiat)と呼ばれることもあります。

分散型取引所(Decentralized Exchange / DEX)とは

P2Pで分散化された仮想通貨取引所です。P2P上で運営されるプラットフォームとなるため、運営元がいた場合も運営元が個人の資産にアクセスできないセキュリティーの高い仕組みの上で仮想通貨を取引ができるようになります。取引がブロックチェーンで運用され改ざんやハッキングなどの問題も起こりにくくなることから、今後の取引所の形として期待されています。

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組み、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じた合意の仕組みであるのに対して、プルーフ・オブ・インポータンスは重要度(Inportance)が高い人が報酬を得られる仕組みとなっています。重要度はネットワーク上の取引数や頻度、保有数などでブロックの承認を行う仕組みとなっています。

“プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance / PoI)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)とは仮想通貨で利用されているコンセンサス(合意)アルゴリズムの一つです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が大量の計算の作業量に応じた証明の仕組みであるのに対し、プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を保有(Stake)する割合に応じて、ブロックの承認を行う仕組みとなっています。電力コストなどの問題も生じず、プルーフ・オブ・ワークよりも効率的な仕組みとして期待されています。

“プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake / PoS)” の続きを読む

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)とは、ビットコインなどで使われている仕組みで、取引の合意形成を可能にするハッシュ関数を利用したコンセンサス(合意)アルゴリズムです。ネットワーク上で行われた全ての取引履歴を保持するブロックチェーンはネットワーク内で合意しながら運用されており、次に繋げるブロックをネットワーク参加者からの提案で決めています。その際の新しいブロックの提案が有効であると承認されるには参加者のコンピューターによる大量の計算(ワーク)が必要となり、それを証明(プルーフ)する仕組みがプルーフオブワークと呼ばれています。取引履歴を改ざんしようとする者がいた場合も、その個人がネットワーク全体に対して計算量で上回る必要があるため、不正が困難な仕組みとなっています。また最近ではコンピューターのリソースを大量に必要とするため、電気代などのコストが大きくなる点が問題視されています。

“プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work / PoW)” の続きを読む

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、仮想通貨でよく利用される分散型の台帳技術です。ビットコインの場合、ビットコインの取引記録がまとまった「ブロック」を分散化されたネットワーク上のマイナー(採掘者)が承認し、承認済みのブロックを「チェーン」のように1本にまとめネットワーク全体で共有されて運用されています。

ファクトム(Factom / FCT)とは

ファクトム(Factom / FCT)は世界のデータを分散システムに保存しブロックチェーン技術を使用することで、あらゆる書類や記録、デジタル資産を分散的に管理できるプラットフォームで、そのプラットフォームの取引に使用される仮想通貨です。

“ファクトム(Factom / FCT)” の続きを読む