レンディングとは

レンディングとは、保有する仮想通貨を一定期間貸し出すことで利用料として貸出の対価を得ることができるサービスです。国内ではコインチェックが「Coincheck貸仮想通貨サービス」という名称でレンディングサービスを行っている。長期保有予定の仮想通貨を貸出によって収益化できるため、ガチホ資産の運用方法として利用されている。

“レンディング” の続きを読む

Liquiとは

Liquiとは、国内取引所や大手海外取引所バイナンスにも未上場の草コインが購入可能な2016年開設のウクライナの仮想通貨取引所です。口座開設もID・パスワード登録で即時に登録でき、PROやADX、GNTなど50以上のアルトコインが購入できるため目当てのアルトコイン購入用として草コイナーに利用されている。

“Liqui” の続きを読む

ロスカットとは

ロスカットとはレバレッジ取引で損益が一定の水準に達した際に、強制的に決済される仕組みです。損失の拡大を防止する目的でレバレッジ取引やFXなどでは、取引所ごとにルール化されています。

“ロスカット” の続きを読む

レイヤー2とは

レイヤー2とは、ブロックチェーンの上に高頻度な決済を可能にする機能を構築する取り組みで、ブロックチェーンでは処理に時間がかかる部分をレイヤー2で処理することにより大量の取引処理の実現を行う次世代の機能拡張の取り組みである。ビットコインのレイヤー2の取り組みとしては、ライトニングネットワークが注目されている。

Ledger Blueとは

Ledger Blueとは、フランス企業のLedgerが開発・販売を行うハードウェアウォレットLedgerシリーズの最新版で、液晶画面が大きく操作しやすくなったモデルです。2017年11月時点で229ユーロでプレオーダーを実施している。

“Ledger Blue” の続きを読む

Ledger Nano Sとは

Ledger Nano Sとは、フランス企業のLedgerが開発・販売を行うハードウェアウォレットです。SatoshiLabsが販売するTREZORと並び人気のハードウェアウォレットの一つで、取引所のウォレットに当面動かす予定のない仮想通貨の安全な保管場所として利用されている。

“Ledger Nano S” の続きを読む

Ledgerとは

2014年に創業したフランスに拠点を置く、ビットコインとブロックチェーンのセキュリティーソリューションを提供する企業です。ハードウェアウォレットとして人気のLedger Nano Sを開発・販売しています。

“Ledger” の続きを読む

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、元手の日本円を証拠金にして元手の数倍の資金で仮想通貨に投資できる取引方法です。取引で元手以上の金額で売買できるため大きな利益が出る場合がある一方、マイナスとなった場合の損失も大きくなり、ハイリスク・ハイリターンの取引方法となっている。国内仮想通貨取引所ではコインチェックが5倍まで、ビットフライヤーが15倍まで、GMOコインが25倍までと取引所によってレバレッジ倍率が異なっている。

“レバレッジ取引” の続きを読む

ライトコイン(Litecoin / LTC)とは

ライトコイン(Litecoin / LTC)はピアツーピア暗号化およびオープンソースソフトウェアプロジェクトです。他の仮想通貨に比べ支払いコストがほぼゼロで、ビットコインより約4倍の速さで支払いを行え利便性が高い通貨になっています。

“ライトコイン(Litecoin / LTC)” の続きを読む

リスク(LISK / LSK)とは

リスク(LISK / LSK)とは分散型アプリケーションを提供するプラットフォームで仮想通貨のLSKを発行しています。イーサリアムと同様に取引の際に契約内容を合わせて扱うことのできる柔軟性の高い通貨です。2018年2月20日に通貨名称含めたリブランディングが行われる予定です。

“リスク(LISK / LSK)” の続きを読む