TGE (Token Generation Event)とは

TGEとは、トークン生成イベント(Token Generation Event)から頭文字を取った略称で、ICOの別の呼び名として利用されている。ICOにおける詐欺コインが乱発しマーケットが規制を推進しはじめていることから新たな呼び名として使われ始めているが、実態はICOと何も変わらない。

tax@cryptactとは

tax@cryptactとは、株式会社クリプタクトが運営する仮想通貨の所得計算が簡単に行えるウェブサービスである。競合サービスでは対応する仮想通貨取引所の数が少ないなどの課題がある中で、tax@cryptactは多数の国内外の取引所と仮想通貨に対応しており、未対応の取引所も指定のカスタム形式で取引データをアップロードすることで計算できるため、確定申告作業を簡単に終わらせるツールとして利用者が増えてきている。

“tax@cryptact” の続きを読む

Telegram(テレグラム)とは

Telegram(テレグラム)とは、Telegram Messenger LLPにより運営されている世界で2億人以上が利用するメッセージアプリです。テレグラム上の全てのチャットは暗号化されていることから、多くの仮想通貨の開発チームでもユーザーとのコミュニケーションのために利用していることが多く、仮想通貨の投資家の間でも最新情報を得るために利用が広がってきている。また、2018年後半から2019年にかけて「テレグラム・オープンネットワーク(TON)」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームを準備し、その上で使われる仮想通貨「グラム(GRAM)」のICOも予定していることが発表されており、注目を集めている。

“Telegram(テレグラム)” の続きを読む

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは

To the Moon(トゥ・ザ・ムーン)とは、急騰する価格を月に向かって急激に上昇する様に例えて表現して使われる言葉です。Moonとだけ表されることもある。どの程度上がればムーンであるかなどの基準が人それぞれであるため、少しの上昇でムーンと言っても共感が得られないため使う際には注意が必要である。

テンボスコインとは

テンボスコインとは、ハウステンボス株式会社(長崎県佐世保市)が発表した独自の仮想通貨で、2017年12月中旬からハウステンボスの従業員に対して実証実験を開始する予定です。将来的に円やドル、ビットコイン等との両替可能な「仮想通貨」としていく予定で、特徴は「テンボスコイン」が同等の金に裏付けられた形で提供する金本位制を採用した点となっている。(このため、実際にハウステンボスは1トンの金(約50億円相当)を所有している。)

“テンボスコイン” の続きを読む

Tether(テザー)とは

Tether(テザー)とは、法定通貨(Fiat Money)と同等の価値を持つ、仮想通貨です。1USDT=1USD(米ドル)で扱えるため、法定通貨の価値を保ちながら仮想通貨のように扱うことができ利便性が高いため、仮想通貨取引の退避場所としても利用されています。Tether Limited(香港拠点の運営会社)によって管理されています。

“Tether(テザー)” の続きを読む

トークンとは

トークンとは、基本的には仮想通貨の異なる呼び方でもありました。開発者グループによって仮想通貨が発行され、誰かがそれを購入しトレードできれば、それは仮想通貨と呼ばれたりトークンと呼ばれることがあります。しかし、最近ではトークンは独自のブロックチェーンシステムではなく他のブロックチェーンシステムから作られた仮想通貨のことを指すことが増えてきました。そのため、ビットコインやイーサリアム、リップル、ネムなどの仮想通貨は独自のブロックチェーンシステムを持っているため仮想通貨と呼ばれますが、ICOの際に、既存のブロックチェーンシステムを利用して仮想通貨を発行する場合、その通貨はトークンと呼ばれることが増えてきています。